MENU

【ストレス】汗のアンモニア臭とストレスの以外な関係とは!?

汗アンモニア臭

人間はストレスを感じると内臓にダメージが来ます。
そして内臓が弱ってしまうと、体内の疲労物質の【乳酸】が対外へ排出されづらくなります。
身体の中の乳酸が増えていくと疲れも感じやすくなるし、汗が尿のような酸っぱい臭いになる原因にもなります。

 

ストレスには対人関係や仕事など、現代社会は本当にストレス社会といっても過言では無い状態だと思います。

 

緊張や疲労、睡眠不足などが続いていくと自律神経のバランスが悪くなっていきます。
ストレスに弱い自律神経が崩れていくことで身体の機能はどんどんと低下していってしまい、そのことがまたストレスになり自律神経が乱れるという負のスパイラルです。

 

ストレスを解消させてストレスフリーになろう!

ストレスの解消方法は人によって違うと思いますが、いくつかストレスを解消するための方法をまとめました。

 

  • ガムを噛んでみる
  • 健康的な食事を食べる
  • 趣味に没頭する
  • アロマの香りをたく
  • 湯船にゆっくり浸かる
  • 好きな音楽を聴く
  • 好きな映画を観る
  • カルシウムの摂取をする
  • カラオケで歌いまくる
  • 紙をひたすら破く
  • お風呂の中で歌ってみる
  • バッティングセンターで汗を流す
  • マラソンなどの有酸素運動
  • 筋トレなどのハードな運動
  • 笑う
  • お酒を飲む
  • 絵を描く
  • 呼吸を意識する

 

ストレス解消方法は人それぞれですし、これよりももっともっとたくさんのアイデアがあると思います。
ストレスを感じない方が健康的にも体臭的にもいいことは間違いないので、ストレスフリーに生活したいですね^^