MENU

汗からアンモニア臭がする原因とは!?実は危険なその症状について

汗アンモニア臭

なぜ汗や体臭から、アンモニアの臭いがするでしょうか?

 

『それは腎臓や腸の機能が低下しているから引き起こされます。』

 

腎臓には体内の余分な不純物を、おしっことして体外へ捨ててくれる働きがあるのですが、
それらの内蔵の機能が低下してしまうと、余分なアンモニア成分が排出されずに
体中に充満してしまい、【汗からおしっこのような尿臭いニオイのする原因】につながるのです。

 

ほかにも腸が弱っているときなどは、尿素サイクルと呼ばれるアンモニアを体外に捨ててくれる機能が低下してしまい、こちらも汗が尿臭い、アンモニア刺激臭がしてしまう原因となってしまうのです。

 

それから抹消血管の血流が滞っている場合にもアンモニア臭が生まれます。

 

じつは、体内を巡る酸素量が低くなってくると、乳酸が汗の主成分になるために、
汗からアンモニア臭や刺激臭、おしっこ臭がしてしまうのです。

 

つまり、汗が尿臭い原因というのは、内臓器官の働きが弱ってしまっている証拠なのです。
これは実は危険な状態ともいえまねす。

 

尿臭い汗の臭いを抑える方法

汗アンモニア臭

 

それでは、汗が尿臭い原因を取り除くにはどうしたらよいのでしょうか?

 

『それは、日頃の生活習慣の改善が大切になります。』

 

毎日の食生活を健康的なものにする
適度に運動する
睡眠をしっかり取る
喫煙や飲酒を減らす
ストレスを抱えこまないようにする

 

これらを毎日の生活に取り入れていくことで、肝機能や腸機能が向上し、血流の流れがスムーズになり、汗に含まれるアンモニアが少なくなってり、汗のニオイが少なくなっていきます。